低血圧

朝の目覚めが悪い、体がなんだかだるい…そんな症状を抱えている人は、低血圧が原因かもしれません。女性にも多くみられる低血圧が目の下のクマの原因になることもあります。そこで今回は、低血圧と目の下のクマの関係や対策方法について紹介します。

低血圧ってこんな状態

低血圧は血圧の低い状態であることをいいますが、具体的には最高血圧である収縮期血圧が100㎜Hg以下、最低血圧である拡張期血圧が60㎜Hg以下の場合をいいます。低血圧の原因には体質によるものも多く、女性に比較的よくみられる症状のひとつです。女性に低血圧が多いのは、男性よりも筋肉量が少ないことが影響しており、近年やせ型の女性が増えていることから、低血圧で悩む人も多くなっています。

低血圧と目の下のクマの関係

低血圧は目の下のクマにも密接な関係があるものです。高血圧はさまざまな健康リスクがあることで知られていますが、だからといって血圧が低ければよいというわけではありません。
人間の体は、酸素や栄養を含んだ血液が細胞に巡回することで、機能しています。血圧が低い状態というのは、いわば血液の流れが遅い状態。血液には老廃物を運ぶ役割もあるので、血液の流れが滞れば、目の下など細い血管でうっ血したり、老廃物がスムーズに排出されないこともあるのです。そのため、目の下の青いクマができたり、長期的にみればまぶたのたるみを引き起こす要因にもなるでしょう。

低血圧を改善するためのポイント

目の下のクマの原因にもなりやすい低血圧は、生活習慣を見直すことが重要です。目の下のクマにもよい生活習慣のポイントは次のようになります。

早寝早起きを心がける

早寝早起き

低血圧の人は規則正しい生活リズムをつけることが大切です。朝が弱く、ギリギリまでベッドで寝てしまうという人は早めに眠りにつくようにしましょう。

朝食をしっかり取る

朝食

朝食をしっかり食べることが、体のスイッチをオンにする働きがあります。カフェインや適度な塩分は、血圧を上げる作用もあるので、上手に利用するとよいでしょう。

適度な運動を行う

運動

運動を行うことは、体の筋肉量の維持につながり、低血圧の改善に効果的です。

まとめ

女性に多い低血圧はすぐに治療が必要なものではありませんが、目の下のクマの原因にもなるものです。目のクマで悩んでいる人で、自分が低血圧である可能性のある人は、毎日の生活を規則正しくしながら、改善に努めていきましょう。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約