タバコ

タバコは健康に悪いということは多くの人が知っていますが、美容などにも悪い影響があることをご存知でしょうか。実は、タバコが目のクマの原因になることも。そこで今回は、タバコと目の下のクマの関係や禁煙方法について紹介します。

「スモーカーズフェイス」って知っている?

がんや呼吸器系の病気、動脈硬化など、タバコが健康に悪い影響を与えることは周知の事実。一方で、タバコを吸うと美容にも影響を与えることが明らかになっています。タバコを吸うと老け顔になりやすく、「スモーカーズフェイス」と呼ばれることも。スモーカーズフェイスの特徴には、シミやシワ、たるみなどいくつかありますが、目のクマともかかわりが深いものです。

  • 肌のハリが失われ、まぶたや涙袋がたるむようになる → 黒クマ原因
  • 目の下や顔全体の血色が悪くなる → 青クマの原因
  • まぶたに色素沈着が起こるようになる → 茶クマの原因

タバコに含まれている有害物質

喫煙により、目の下のクマやシミやシワができやすくなるのは、タバコの煙に含まれている有害物質に原因があります。タバコの煙に含まれている主な有害物質には次のものがあります。

ニコチン

依存性のある物質で、血管が収縮し、血行が悪くなる。

一酸化炭素

血液中のヘモグロビンと結びつくことで、体が酸素不足に。タバコの不完全燃焼に発生する。

タール

発がん性物質のひとつ。べたつきがあり、粘膜にこびりつきやすい。

タバコの有害物質が取り込まれると、体のサビとも言われる活性酸素が生じやすくなります。この活性酸素を取り除く働きがあるのがビタミンCですが、タバコ1本あたりレモン半個分のビタミンCが失われてしまうのです。

 上手に禁煙する方法は?

成功の鍵

目の下のクマなど美容の大敵でもあるタバコの害を予防するのに大切なのが、禁煙です。禁煙をするうえで大切なのが、少しずつタバコの本数を減らすのではなく、きっぱりとやめること。

ただし、タバコに含まれるニコチンには依存性があるので、禁煙を失敗してしまう人もいるでしょう。最近では、医療機関の禁煙外来なら、貼り薬や飲み薬など禁煙補助剤を使用できるので、禁煙の成功率をあげることができます。

まとめ

タバコは健康だけでなく美容にも影響を与えるもので、目の下のクマの原因になることがあります。目の下のクマなどタバコによる老け顔の対策には、禁煙を成功させることがポイントです。自分だけで、禁煙するのは難しいという人は、地域の禁煙外来をチェックしてみるとよいでしょう。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約