加齢

加齢で疲れた表情に現れやすいのが目の下のクマ。ふと鏡をみたときに、自分の疲れ顔に驚く人もいるのではないでしょうか。加齢により目のクマができやすくなるのは、肌が薄くなることも原因のひとつです。この記事では、加齢で肌が薄くなる原因やクマとの関係についてお伝えします。

加齢でクマができやすくなる理由

年を重ねると、体の細胞が老化していきますが、それは肌も同じこと。加齢により肌の弾力性を保つ働きのあるコラーゲンやエラスチンの量が減るため、肌は薄くなっていきます。また、肌の弾力性がなくなると、新陳代謝にも影響を与えるので、肌がカサついたり、たるみを起こしやすくなるなど、クマができやすい状態になります。

肌が薄くなるとクマができやすくなるのはなぜ?

加齢により肌が薄くなると、次のようにさまざまなクマができやすくなります。

青クマ

青クマ

血行の悪さが原因で目立ちやすくなる青クマは、加齢により皮膚が薄くなることで、目立ちやすくなります。

茶クマ

茶クマ

肌が薄くなっている状態は、肌が外部の刺激を受けやすい状態。刺激から肌を守ろうと、茶クマの元となるメラニン色素が沈着しやすくなります。

黒クマ

黒クマ

加齢により皮膚が薄くなるのは、肌の弾力性を保つ組織が減ることが原因です。これにより、肌のたるみができやすくなり、目の下に黒い影ができるようになります。

加齢による肌が薄くなるのを予防する方法

加齢で肌が薄くなると、できやすくなる目のクマ。加齢による肌が薄くなるのを少しでも予防して、目のクマの対策をするには、次のようなケアを行いましょう。

ホルモンバランスを整える

肌の弾力にかかわるコラーゲンやエラスチンの生成には、女性ホルモンがかかわっています。特に、年を重ねるごとに女性ホルモンが減少しがち。バランスのよい食事や規則正しい生活を行うことで、ホルモンバランスの崩れを防いでいきましょう。

紫外線から肌を守る

日焼け止め

紫外線を浴びると、肌の弾力を守る組織を破壊したり、肌のターンオーバーを乱す原因を作ります。加齢による肌が薄くなるのを防ぐためにも、紫外線対策はぜひ行いましょう。紫外線は、夏など紫外線の強い時期だけでなく、一年を通して降り注いでいるので、毎日のケアをかかさず行ってください。

年齢に合わせたスキンケア

若い頃はハリのある肌だったとしても、加齢により肌の水分量は減っていきます。加齢により肌が薄くなるのを防ぐには、年齢に合わせたスキンケア商品を使用することが大切です。たとえば、エイジングラインの化粧品では、年齢肌のコンディションをより整える効果が期待できます。

まとめ

エイジングケア

加齢により肌の弾力性や水分量が減ることで、肌が薄くなるため、クマができやすくなります。クマだけでなく年齢肌が気になる人は、毎日の生活の中で肌のエイジングケアを行っていきましょう。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約