冷え性

男性よりも筋肉が少ない女性で悩んでいる人が多い冷え性。冷え性は、便秘や頭痛の原因になるだけでなく、目のクマを悪化させることがあります。そこで今回は、冷え症が目のクマを引き起こす原因や対策方法について紹介します。

冷え性が目のクマを引き起こすメカニズム

冷え性とは、気温の低下により手足など体の末端にある血管が収縮し、冷えている状態をいいます。体が冷えると血行が悪くなり、血液がうっ血しやすくなります。特に、目の下の血管は微細であるため、血行が悪くなりやすく、青っぽいクマが目立つように。

また、冷え性が進むと、新陳代謝がスムーズに行われなくなることで水分が滞り、むくみも生じやすくなります。目の下にむくみが生じると、影ができたり、たるみが起きやすくなることも。

さらに、冷え性により皮膚の新陳代謝が滞ることで、肌荒れを起こすこともあります。特に、冷え性が起こりやすい冬は、乾燥しやすく、肌のバリア機能の低下を招きやすい季節です。肌のバリア機能が低くなると、外部刺激によるダメージも受けやすい状態になるため、メラニン色素が沈着しやすくなり、茶色のクマが出やすくなることも。このように、冷え性はさまざまなタイプのクマを引き起こしやすくなるのです。

夏も注意したい、冷え性の予防対策

冬など季節が寒くなると、冷え性で目の下のクマが目立つようになりますが、その一方で注意したいのが、夏場に起こる体の冷えです。もともと人間には、発汗により体温を調節する機能が備わっていますが、現代ではエアコンなど外部環境により気温調節することが増えています。そのため、エアコンにより室温が冷えすぎることで、夏でも冷え性が生じる女性が増えています。目のクマで悩んでいる人で冷え性を抱えている人は、目の下のクマの予防もかねて、次のような対策を行いましょう。

冷たい飲み物を控える

冷たい飲み物

冷え性を予防するには、冷たい飲み物よりも温かい飲み物がおすすめです。冷え性の人は、夏場に氷入りの冷たい飲み物よりも、常温の飲み物の方が体が冷えすぎるのを防ぎます。

衣類を調節する

エアコン

夏など季節にかかわらず、寒さを感じたときには衣類を調節するようにしましょう。特に、エアコンの効いている室内で長く過ごす場合は、カーディガンなどの羽織ものや、レッグウォーマーなどを使用します。

夜はゆっくり入浴タイム

入浴

仕事や学校で忙しい人の中には、入浴をシャワーでサッと済ませる人も少なくありません。しかし、冷え性の解消におすすめなのは、ゆっくり湯船に入ること。入浴中は湯船にじっくり浸かり、体を温めるようにしましょう。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約