目の下のクマやたるみ・しわのお悩みなら神戸三宮の神戸中央クリニック 美容外科・美容整形 JR三ノ宮駅・阪神三宮駅・阪急三宮駅・地下鉄三宮駅より徒歩約3分

目の下のたるみ取り(下眼瞼切開法)

  • HOME »
  • 目の下のたるみ取り(下眼瞼切開法)

目の下たるみ取りは、目の下のたるんだ皮膚を取り除く手術になります。

目の下の脂肪が過剰になり、下垂して引き起こされる目の下のたるみやクマがありますが、皮膚そのものが下垂して引き起こされる目の下のたるみ・クマがあります。目の下たるみ取りは、後者の皮膚のたるみによるクマを改善する手術になり、皮膚の下垂が強く脂肪除去や注入治療などのその他の治療方法では改善ができない方に適応されます。

ポイント

目の下たるみ取りは切開を行う手術になります。傷口は目立たないように、下まつ毛の生え際・付け根あたりまたはまぶたの裏側から切開します(まぶたの状態やご希望により)。皮膚を取り除くためたるみやクマは確実に解消できますが、切開を伴うためダウンタイムは考慮する必要があります。

目の下の脂肪が多い方は、目の下脱脂手術と組み合わせることをおすすめしています。

効果・ダウンタイム

効果 老化を遅らせることが出来る
ダウンタイム 数週間~1ヶ月程度
腫れ 術後2、3日がピーク
内出血 1~2週間で消失
抜糸 4~7日目
洗顔 抜糸翌日から全顔可能

目の下のたるみ取り手術の症例写真

目の下のたるみ取り症例写真

※効果には個人差があります。

料金表

目の下のたるみ取り ¥280,000
目の下のたるみ取り+脱脂 ¥350,000

 ※全て税抜表示となります。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約
PAGETOP