病気

目の下のクマは疲れや寝不足が原因と思われがちですが、もしかすると何かの病気のサインかもしれません。症状の一つとしてクマが現れる病気についてお話します。

もしかしたら考えられる病気とは

欠乏性貧血

鉄分は血中のヘモグロビンを合成するのに欠かせない栄養素ですが、鉄分が不足すると赤血球内にあるヘモグロビンの量が減るので貧血が起こります。この鉄分が不足する事によって起こる貧血が欠乏性貧血です。
貧血のため、血行も悪くなり酸素や栄養の少ない血液が目の下に溜まり皮膚が薄いので透けてクマ(青クマ)にみえます。
欠乏性貧血は他に疲れやすい、動悸(どうき)・息切れ、ふらつきなどの症状があります。

バセドウ病(甲状腺機能亢進(こうしん)症)

喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。
症状の中に眼球の突出があり、目の周りにある脂肪や筋肉が炎症を起こし腫れ、目の中の圧力が高まることにより前にでる症状です。それに伴い、眼球の下にある脂肪も突き出し、たるみが出るのでクマ(黒クマ)にみえます。
バセドウ病は他に甲状腺腫、頻脈、汗をかきやすい、指の震え、だるさ、体重減少などの症状があります。

うつ病

うつ病になると目と口周りが青白くなる特徴があります。これは自律神経の異常によって目の周りの筋肉や口周りの筋肉に血液がスムーズに流れず、血行不良を起こしクマ(青クマ)にみえます。
うつ病は他に倦怠感、意欲低下、イライラ、集中力低下、自責感、頭痛、食欲不振などの症状があります。

肝臓疾患・腎臓疾患(機能低下)

肝臓・腎臓には解毒作用や老廃物を排除し血液をキレイにする役割がありますが、機能が低下すると血液が浄化されにくくなり、血流が滞って目の下のクマ(青グマ)ができやすくなります。
予防するには、アルコール・甘い物の過剰摂取、過労による疲れを残さないように心がけて下さい。

アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎

まぶただけでなく目の周り全体がくすんでいる場合はアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。
目の周りは薄くデリケートですので、アトピーや花粉が付着し炎症を起こし色素沈着になりクマ(茶クマ)ができます。また、かゆみがでると掻いてしまい、その摩擦によっても起こり得ます。
そういった症状が出たときは、早めに皮膚科でアレルギーの治療を行い、肌のバリア機能を高めましょう。

まとめ

以上のように、目の下のクマが現れる病気は様々あるので、たかがクマで放置せず、気になる方は早めに対策を考えることをおススメします。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約