黒クマ

前々回は「青クマの治療法やセルフケア」についてお伝えしましたので、今回は黒クマ(目の下のたるみ)の治療法やセルフケアについてお伝えします。

そもそも黒クマって何?

クマには、青クマ、茶クマ、黒クマの3種類のクマがあり、中でも黒クマは、加齢などが原因でできる目の下のくぼみやたるみが原因となるクマの事を言います。
中でも目の下にできるたるみは、目の下まぶたの皮膚が衰え、ゆるみ、下まぶたの奥にある脂肪が押し出でくるのが原因と言われています。
たるみができるとそれが影となり、黒く見えるため、黒クマと言われます。

生まれつき目の下の脂肪が少ない方や顔立ちがはっきりしている方、顔がむくみやすい人に現れることが多い傾向があります。
黒クマは皮膚自体が変色しているのではないので、クマそのものをファンデーションやコンシーラーでカバーする事は難しいです。黒クマを改善するには、たるみを改善しなければならないということになります。

目の下のたるみは、目の周りにある眼輪筋などが老化と共に衰え、老化した筋肉は脂肪を支えることができなくなり、重力にしたがって下がっていき、たるんでいくということが原因と考えられます。
また、目の疲れなどで目の周りが血行不良ともなれば、血液、リンパなどが滞り余分な水分が溜まっていき、脂肪の重量がどんどん増加し、その分たるみの原因となります。

第一印象で大事なポイントといえば、顔の中でも目元は特に重要な部分。
目元の印象だけで第一印象は大きく変わってきますし、また顔の中でも、目元が一番老化として現れるのが早いと言われています。
特にクマができていると、不健康に見えたり、実年齢より老けて見られがちになります。
黒クマを解消して、若々しい目元を取り戻しましょう。

黒クマ(目の下のたるみ)の治療方法

黒クマの治療方法

目の下の脂肪除去

影の原因である脂肪の飛び出しを、瞼の裏側数mm切除し、そこから脂肪を取り出します。
瞼の裏から治療するので傷跡は表にできません。脂肪をとる事によって目元の影が目立たなくなりパッと明るい印象になりますのでアンチエイジング効果も期待できます。

目の下のたるみ取り

余分なたるみ、皮膚を切り取ります。脂肪除去と合わせて行うのも可。

ヒアルロン酸注射

目の下にたるみが出てくると同時に下部にくぼみができます。上記の目の下脂肪除去法では脂肪を取り除く事によって山(膨らみ)をなくし改善させますが、ヒアルロン酸注入は逆に谷(くぼみ)になっている所にヒアルロン酸を注入して高低差を緩和させる事によって黒クマを改善させる事ができます。手軽に簡単にできますが、ヒアルロン酸は徐々に吸収されていくので定期的に注入する必要があります。

エランセ注射

ヒアルロン酸よりも持続性が高く、コラーゲンの新生もできる注射薬剤です。

上記で紹介している施術は、主な施術の一部になりますので黒クマやたるみでお悩みの方は一度専門医に相談してみましょう。
そして自分に合った方法を見つけて、きれいなクマのない目元に改善していきましょう。

セルフケアの方法

そんな黒クマやたるみの改善に効果的な、自宅で毎日簡単にできるセルフケアをいくつかご紹介します。

目の周りの筋肉を鍛える

筋肉の衰えでできるたるみには、目の周りの筋肉を鍛える運動が効果的です。
目を上下左右に動かす。
ギュッと閉じる、パッと開くを繰り返し行う。
筋肉を動かす事で鍛えられ、たるみにくくしましょう。
ホットタオルで目を温めてから目のストレッチを行うと、血行促進にも繋がりむくみも改善され、より効果的になります。

むくみを解消させる

顔がむくんでいるとたるみが一層強調され目の下の黒クマが目立ちます。
むくみを解消させるには蒸しタオルやリンパマッサージによる血行促進、目の周りのマッサージが効果的です。

黒クマに効くツボ

目の周りにはいろいろなツボがあり、そのツボを刺激します。
目頭の斜め上のくぼみ・・・清明
こめかみと目の間・・・太陽
目の下の骨のくぼみ・・・承久
この3点が目のクマに効くと言われるツボです。
スキンケアなどの前に軽く押して刺激してみてください。
また専用のアイクリームなどを使って目の周りをくるくると優しくマッサージするのもおすすめです。
血行が良くなり、むくみやリンパの流れをよくします。
目の周りの皮膚は、他の皮膚よりも薄く弱いので強く擦ったり、やり過ぎには注意しましょう。

エイジングケアコスメを使う

加齢が原因のたるみや黒クマには、エイジングケアのコスメでスキンケアをし、ハリのある目元を取り戻します。
くぼんで黒く見えるクマには、ビタミンCやコラーゲン配合のクリームや美容液、目元用のパックなど使用し、ふっくらとした目元を目指しましょう。

顔パックでコラーゲン補給

年齢と共に皮膚の中のコラーゲンなどが低下し、肌のハリ・弾力が失われます。
その対策として、顔パックがおすすめです。パックはコラーゲンが配合されているものを選ぶのがポイント。
顔パックを毎日のお風呂上がりの習慣にすることで、すこしずつたるみによる黒クマが改善されていくはずです。

紫外線を浴びない

紫外線も肌のコラーゲンやハリ弾力を傷つける原因を作ります。
紫外線には、UVAとUVBとあり、紫外線のUVAには活性酸素が含まれています。
紫外線を浴びれば浴びるほど、真皮層まで紫外線が入り、体内に活性酸素が増え、シミやたるみの原因を作ります。
紫外線の95%はUVA、残りの5%のUVBは肌への日焼けの原因を作るものとのことです。
肌への加齢を加速させないように、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策もしっかりしましょう。

女性ホルモンを分泌させる

加齢と共に女性ホルモンも失われていきます。女性ホルモンが減少すれば、肌への弾力も低下します。女性ホルモンを活性化させ、肌への影響を防ぎましょう。

  • 大豆食品を多く摂る
  • たばこを吸わない
  • 十分な睡眠
  • 体を冷やさない

など、これらを心がけ、コラーゲンの維持を保ちましょう。
また、プラセンタなど女性ホルモンを活性化させるサプリメントを摂取することもおすすめです。

黒クマに効く食べ物

黒クマに効く食べ物

バランスのいい食事をとる

特に無理なダイエットは、目の下のくぼみにも繋がりますので気をつけましょう。
食生活はバランス良く、体の中からキレイになるように心がけます。

抗酸化食品

バナナ・ニンニク・れんこんなどに多く含まれる。
抗酸化食品とは、体内のコラーゲンを傷つけ肌の弾力をなくす活性酸素を除去する作用が高い食品です。
意識して抗酸化食品を摂るようにしましょう。

ビタミンE

カシス・ウナギ・ナッツ類・魚卵

カリウム

里芋・アボカド・タケノコ・ほうれん草・バナナ・パセリ

黒クマを隠すメイク

黒クマは肌の色が原因ではないのでコンシーラーは使わない方がいいです。かえってあつぼったくなり影を目立たせます。ただし、影になっている部分にピンクのシャドウを入れることで、くぼみをふっくら見せることができます。

また、黒クマから視線をはずさせる、ポイントメイクもおすすめです。赤リップや濃いめチークでアクセントをつけましょう。
ただ、チークを目もとに近いところに入れと、クマを目立たせてしまうおそれがあります。チークは笑ったときに高くなる位置にふんわりとのせるといいでしょう。

まとめ

目の下のクマの原因は、寝不足だけではありません。

ご紹介したセルフケアは、早期に始める事が大切です。
軽度なたるみなどはセルフケアで目立たなくする事も可能でしょうから始められそうな事から行ってみましょう。一度できてしまった黒クマやたるみを改善するにはセルフケアではなかなか難しいです。いろいろな原因が重なり合って、自然に治すことは困難でしょう。
黒クマ、たるみでお悩みの方は、専門クリニックに相談してみましょう。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約