クマの原因にはいろいろなものがありますが、その中の1つが眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉の衰えによるものです。ふだんあまり意識をすることのない部位ですが、眼輪筋を鍛えるとクマの改善に役立ちます。この記事では、眼輪筋とクマの関係や、眼輪筋を鍛えるエクササイズについて紹介します。

眼輪筋が衰えるとクマができる

眼輪筋は目の周りを取り囲む顔の筋肉で、まぶたを閉じる働きがあります。年齢を重ねるとともに、筋肉は衰えていきますが、眼輪筋にも当てはまるもの。目の周りの筋肉である眼輪筋が衰えると、脂肪や筋肉を支えきれずにたるみが起こりやすくなり、目の下のたるみや影(いわゆる黒クマ)ができるようになります。また、筋肉が衰えた部分は血行が悪くなりやすく、眼輪筋が衰えることで、青っぽいクマが現れやすくなります。

眼輪筋を衰えさせる生活習慣

スマホ疲れ

眼輪筋は加齢だけでなく、生活習慣によっても衰えてしまうことがあります。まぶたを閉じる働きのある眼輪筋は、まばたきが少なくなるような生活習慣は注意が必要です。具体的な生活習慣としては、読書やテレビ、近年ではスマホが大きな原因となっています。これらのものは、現代生活において外すことのできないものですが、長時間使うことのないように、時間を決めて使用するようにしたいですね。

眼輪筋エクササイズで、クマを撃退

加齢や生活習慣からくる眼輪筋の衰えは、エクササイズをすることにより改善することができます。眼輪筋のエクササイズはとても簡単にできるので、毎日のケアに取り入れるとよいですよ。

眼輪筋エクササイズ1

目尻を引っ張ることで、眼輪筋に負荷をかけることができます。

  1. 目尻を後方に引っ張り、キツネ目を作ります。
  2. 目を閉じて5秒静止。
  3. 1~2を、1日5セットを目安に行いましょう。

眼輪筋エクササイズ2

眼輪筋の全体を鍛えるエクササイズです。

  1. 思い切り目をつぶり、5秒間静止します。
  2. 今度は目をぱっと見開きます。
  3. 1~2を、1日5セットを目安に行いましょう。

まとめ

眼輪筋エクササイズ

ふだんの何気なく行っている目のまばたきは、眼輪筋という目の周りの筋肉によるものです。加齢だけでなく、長時間のスマホの使用やテレビを見ることにより、眼輪筋が衰える原因となり、クマの原因になることも。眼輪筋の衰えは、眼輪筋エクササイズにて予防することができるので、毎日のケアに取り入れて、クマの予防に役立てていきたいですね。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約