紫外線

これから暑い夏がやってくることを考えると、どこに遊びに行こうかと様々な計画を立てますよね。
ですが、外出する際に忘れてはならないのが紫外線対策です。
紫外線はまさに肌の天敵ともいえるものなので油断しているとシミやそばかすだけでなく、いつの間にか目の下にクマが出来ているケースも少なくありません。
なぜ紫外線によって目の下にクマが出来るのかを解説します。

紫外線はメラニン色素の生成を加速させる!

クマにも種類があって、加齢が原因で起こる黒クマ、血行不良が原因で起こる青クマがあります。
そして問題なのが紫外線を浴びることによって起こる茶クマです。
この茶クマが出てきてしまうのは、紫外線を浴びることで生成されるメラニン色素が原因として挙げられます。

メラニン色素は肌トラブルを引き起こす有害な物質だと思われがちですが、実はそうではありません。
メラニン色素は紫外線などの外的要因から肌を守る為に生成される防御機能の一つなのです。
なので紫外線を浴び続けると防御機能が働き、どんどんメラニン色素を生成することになります。
問題なのはこの防御機能をいかに働かせないようにするかが重要です。

茶クマはメラニン色素が沈着して出来たもの

目の下に茶クマが残ってしまうのは、ターンオーバーで剥がれ落ちなかったメラニンが色素沈着を起こしたことが原因です。
特に年齢を重ねて行くとターンオーバーの機能が低下してしまう為、目の下に茶クマが出来やすくなるでしょう。

もしも対策を行わなかった場合、紫外線を浴び続けることで結果的にどんどん色素沈着を起こし、新しく茶クマを作りだしてしまうので目の下の茶クマが濃くなってしまいます。
そうならない為にも、しっかりとした紫外線対策を行った方が良いでしょう。

目の下の茶クマを作らせない紫外線対策

日焼け止め

目の下に茶クマを作らせない為にも、紫外線対策を行ってメラニン色素の生成を抑えることが重要です。
紫外線対策として有効的なのは以下の方法です。

  • UVカット効果のある化粧品を使う
  • 新陳代謝を高める為に十分に睡眠を取る
  • アイクリームや美白ケアを根気良く行う

これらの方法を心がけることで目の下の茶クマを作らせない予防になります。
この中でも、特にUVケアを行うのは非常に重要です。
何故なら紫外線の厄介なところは夏だけでなく、季節に関係なく降り注いでいるからです。
夏以外は紫外線の量が少ないと思い、甘くみてしまいがちなので忘れずにしっかりとUVケアを行いましょう。

UVケアを行うことで紫外線の影響を受けにくくなる他、その間に肌の新陳代謝の回復が期待出来ます。
十分な睡眠は肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを乱れさせる原因となるストレスを解消することが出来るので、ターンオーバーを早く正常に戻すことで色素沈着を改善することも可能です。

慢性的な茶クマを治すのに美容治療があります

紫外線対策や肌の新陳代謝を高めることが重要とはいえ、紫外線による色素沈着は慢性的なものになりやすいので、本当に根気良く対策を続けないと治すのは難しいでしょう。
もっと手っ取り早く茶クマを取り除きたいのであれば、医療機関での治療を受けるのが良いでしょうあ。

一般的に茶クマを消す美容治療は、イオン導入、内服治療、トレチノイン療法(外用)、レーザー治療などです。茶クマ以外にも他のクマが関係している場合もあるので状態によって治療法が変わります。
本当にクマで悩んでいる方は一度、ドクターに相談してみてください。

まとめ

目の下に茶クマが出来るのは日々の紫外線によるダメージの積み重ねが原因だと言えます。
きちんと紫外線対策を行うことでターンオーバーのバランスを保ちつつ色素沈着を防ぐことが出来るので、毎日の紫外線対策を忘れずに行いましょう。

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約