目の下のクマやたるみ・しわのお悩みなら神戸三宮の神戸中央クリニック 美容外科・美容整形 JR三ノ宮駅・阪神三宮駅・阪急三宮駅・地下鉄三宮駅より徒歩約3分

目の下のクマ危険度チェック

  • HOME »
  • 目の下のクマ危険度チェック

目の下のクマは青クマ、茶クマ、黒クマの種類によって原因は様々ですが、普段何気なくしている仕草や行動が原因になっているかもしれません。その仕草や行動を続けているとクマがどんどんひどくなる可能性もあります。また、体質や遺伝が関係してくるケースもあります。
現在はクマがない方は今後どのクマになりやすいかをチェックできます。

下の項目の中で当てはまるものをチェックして目の下のクマ危険度を調べてみましょう。
※このチェックは、目の下のクマ治療を勧めるものではありません。現在の状態を知る目安としてお使いください。

目の下のクマ危険度チェックスタート

チェックA

  • 睡眠不足になることが多い
  • スマートフォン、パソコン、ゲームなどで目を酷使する機会が多い
  • たばこを吸っている
  • 色白である
  • 生まれつき皮膚が薄い
  • 冷え性である

チェックB

  • アイメイクを落とす時にゴシゴシこすってしまう
  • 花粉症などのアレルギーやアトピーがあり目をこすってしまう
  • 毎日UVケアをしない
  • 肌が乾燥している
  • 日焼けをすると黒くなりやすい
  • 皮膚が弱い

チェックC

  • 顔がむくみやすい
  • 目が大きく顔立ちがはっきりしている
  • 涙袋が大きい
  • 頬骨が張っている
  • 両親どちらかもしくは両方ともに目の下が膨らんでいる

結果

☑チェックの数が0~1個

危険度低レベル

仕草や行動、体質でもクマの危険度は低い状態です。上記の項目に当てはまる項目が多くなると危険度は上がりますので、現在の状態を維持できるようにしましょう。

☑チェックの数が2~6個

危険度中レベル

最近老けて見られる?などクマにお悩みではありませんか?
チェックAの数が一番多かった方は「青クマ」、チェックBの数が一番多かった方は「茶クマ」、チェックCの数が一番多かった方は「黒クマ」それぞれのなりやすい仕草や行動、体質や遺伝に当てはまっています。体質や遺伝は変えることはできませんが、仕草や行動は気を付けることでこれ以上の悪化を防ぎ、現状維持することは可能です。
また、青クマ、茶クマ、黒クマが1つとは限らず、2つ、3つと混合しているケースも存在します。
下の簡単セルフチェックで実際にどのクマなのか判別してみましょう。

☑チェックの数が7~11個

危険度高レベル

クマがひどくお悩みではありませんか?
チェックAの数が一番多かった方は「青クマ」、チェックBの数が一番多かった方は「茶クマ」、チェックCの数が一番多かった方は「黒クマ」それぞれのなりやすい仕草や行動、体質や遺伝に当てはまっています。体質や遺伝は変えることはできませんが、仕草や行動は気を付けることでこれ以上の悪化を防ぐことは可能です。
しかし、現状維持では満足できないという方は一度、医療機関に相談してみるのもいいでしょう。
また、青クマ、茶クマ、黒クマが1つとは限らず、2つ、3つと混合しているケースも存在します。
下の簡単セルフチェックで実際にどのクマなのか判別してみましょう。

☑チェックの数が12~17個

危険度最高レベル

クマがひどくお悩みではありませんか?
チェックAの数が一番多かった方は「青クマ」、チェックBの数が一番多かった方は「茶クマ」、チェックCの数が一番多かった方は「黒クマ」それぞれのなりやすい仕草や行動、体質や遺伝に当てはまっていますが、危険度最高レベルの方は青クマ、茶クマ、黒クマが2つ、3つと混合しているケースが考えられます。体質や遺伝は変えることはできませんが、仕草や行動は気を付けることでこれ以上の悪化を防ぎましょう。
しかし、悪化は防げても現状維持では満足されない状態ではないでしょうか。クマ対策のセルフケアもありますが、危険度最高レベルの方はセルフケアでは改善が難しいので、医療機関に相談してみるのもいいでしょう。
下の簡単セルフチェックで実際にどのクマなのか判別してみましょう。

結果はいかがでしたか?下の簡単セルフチェックを行うことでお悩みのクマがどの種類なのか判別することも可能です。

簡単セルフチェック

目の下の皮膚を下に引っぱると、少しは目立たなくなる。

青クマ

顔を天井にむけて、鏡をのぞき込んでみると目立たなくなる。

黒クマ

目の下の皮膚を引っぱっても、顔を天井にむけても変わらない。

茶クマ

目の下のクマ・たるみの治療方法を見る

神戸中央クリニック

診療時間 10:00~18:00(年末年始は除く)
JR三ノ宮駅より徒歩3分
0120-884-790

LINEでご相談メールでご相談メールでご予約
PAGETOP